生理痛、頭痛にはしょうがない気持ちでカロナールを内服しています

薬には必ずと言っていいほど副作用がありますから、風邪をひいたから、痛いから、足がつるからと言って安易に使用してはいけないものが沢山あります。

病院へ行かなくても市販薬にも副作用があるし、なぜか漢方薬は安心と思っている方が多いですが、漢方薬にも大いに副作用があります。

今では、外用薬でも心臓に負担のかかる湿布薬があるようですので、簡単に信用してはいけません。

特に痛み止めはかなり心臓に悪いようです。

かと言って私は生理痛、頭痛がひどく、一度発症すると吐き気、嘔吐、仕事はおろそかたっても座っても横になってもいられず、のたうちまわるくらいで、心臓に悪いから痛み止めは飲まないなんて正論を述べている場合ではありません。

生活に支障が出るくらいならと、痛み止めの中でも比較的これならなんとかまだましであろうというカロナールを仕方ないと言うように処方してもらっています。

以前、痛み止めが体に悪いなんて知らなかった頃は、痛みが酷すぎて通常用量を超えて内服していたこともあったし、市販薬も平気で飲んでいました。

何よりも前医は体によくないなんて言わず、はいはい痛み止めも処方しておきますね?のノリで処方されていたので、全く疑うことはなかったです。

生理がくるときは毎回酷い痛みなので、痛くなる前にカロナールを内服し、終盤の耐えられそうなときはできるだけ飲まないようにしています。

今のところ、カロナールで私は生理痛も頭痛も治まっています。

危険な薬がたくさんあることを充分に注意してください。

こちらもおすすめ⇒くすりエクスプレス キャンペーン